×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円ドル為替相場ー5月


円高が進み年初来高値更新

円が3営業日ぶりの年初来高値を更新しました。1ドル=108.96円までドルが売られ円が買われています。

8ヶ月つぶりの円高記録更新ということですが、ここまで円高が進んでいるのは、アメリカの利上げが5月終わるのではないか、と為替市場で取引をしている人たちが考えているためです。

昨日のアメリカでは、4月住宅着工件数発表がありました。予想では184.9万件でしたが、結果は195.0万件でした。この結果、改めて住宅市場の継
続的な減速を確認することができました。

アメリカでは、もう何年も住宅バブルが続いています。住宅や土地の価格が上がることによって、たくさんの買い物をしている人たちがたくさんいます。給料ではなく土地の価格上昇でたくさん買い物をしている人たちがいるなかで、もしも住宅や土地の価値が下がり始めたら、アメリカの景気は一気に悪くなると思います。

現在は、1ドル=109.40円です。もうすぐ発表のアメリカの4月消費者物価指数がもしも予想より悪ければ、1ドル=108円まで下がるかもしれません。

管理人は、1ドル=108円で利益確定の指値注文をしているので、首を長くして待っています。すでに2月、3月あたりからドル売り円買いをしているので、6月のFOMCまでに利益を確定させたいです