×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円ドル為替相場ー7月


北朝鮮テポドン2号を日本海へ

北朝鮮は5日の午前3時30分過ぎにミサイルを発射しました。テポドンの発射は失敗し、日本海に飛んできたのは、スカッド・ミサイルと呼ばれるミサイルです。飛んできたミサイルはあわせて3発です。

このミサイル発射にあわせて、外国為替市場では、円が売られドルが買われています。午前3時ごろには、1ドル=114.50円でしたが、北朝鮮のミサイル発射がニュースで伝わるとともに急激に円が売られ、朝方の8時半には1ドル=115.50円まで円が売られドルが買われています。

北朝鮮にとってミサイル発射はどのような意味があるのか?どんな得があるのか私にはわかりません。ミサイル発射後には、経済制裁が待っているはずです。