×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円ドル為替相場ー7月


非農業部門雇用者数NFP急増予想!米はまだ好景気か?

6月のADP全米雇用報告によると、民間部門雇用者数は前月比36万8000人と急増しました。この結果、市場では金曜日に発表される非農業部門雇用者数NFPも為替アナリストが予想する数字よりも、ずいぶん良くなるのではないかと考えるようになりました。

もしも非農業部門雇用者数の結果が予想した人数よりも急増すれば、まだまだアメリカは利上げをするのではないかと考えることができ、ドル買い円売りにつながります。

5日の21時には1ドル=114.70円でしたが、6日の0時には1ドル=115.60円までドルが買われ円が売られています。事前に、金曜日に発表される非農業部門雇用者数の結果を予測して、為替市場参加者が円売りドル買いをしたのでしょう。

非農業部門雇用者数の為替アナリストの予想は、+15.5万件です。これよりも良い数字になれば、まだまだ利上げはあると考える人が増えるでしょう。ただし、すぐにドル買いにはつながりにくいかもしれません。

なぜなら、民間部門雇用者数が発表された時点で約1円もドルが上がっています。ここからさらに上がるのは難しいような気がします。