×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円ドル為替相場ー10月


北朝鮮が核実験を実施

北朝鮮の朝鮮中央通信は10月9日午前
「地下核実験を安全に行った」
との報道文を発表しました。

この結果、外国為替市場では、アジア諸国での地政学的リスクが高まったことからアジア通貨、特に韓国のウォンが売られています。

ソウル外国為替市場では、北朝鮮が核実験を実施したと発表したことを受け、ウォンが対ドルで9週間以上ぶりの安値に下落しています。

下落率は1.81%と、1営業日の下げ幅としては2004年12月8日の2.03%安以来、ほぼ2年ぶりの大幅な下げを記録ています。

日本の円は韓国ウォンまで下落はしていませんが、北朝鮮核実験が伝わる前の11時半は1ドル=118.85円あたりでしたが、北朝鮮の核実験発表後の14時20分には、1ドル=119.40円あたりまでドルが買われて円が売られています。

その後、少し円が買い戻されて19時あたりで119.10円あたりで売り買いが行われています。

北朝鮮の核実験は、アジアのみならず世界の脅威となるものです。今後の北朝鮮の動向によっても外国為替相場では韓国のウォン、日本の円が影響を受けそうです。

スポンサードリンク